こんにちは!

ぶっでぃです^^

 

今日はアルキンの第2回目。

ここから求電子付加反応について

数度に分けてお伝えしていきます!

 

講義のポイント

trans付加とは?

  • 求電子試薬の付加の仕方として、アルキンに対して、trans-アルケン」が生成するように付加すること。
  • 2当量反応させると、炭素1個当たり2個の求電子試薬が付加したアルカンになる。

例)アセチレンへのBr2の付加反応

 

cis付加とは?

  • 求電子試薬の付加の仕方として、アルキンに対して、cis-アルケン」が生成するように付加すること。
  • (やはり、trans付加と同様に)2当量反応させると、炭素1個当たり2個の求電子試薬が付加したアルカンになる。

例)アセチレンへのLindler触媒を用いたH2の付加反応

もしLindler触媒ではなく通常の高活性Pd触媒を用いると、H2が2当量付加してしまい、単なるアルカンとなってしまう。