※※注目※※

3日間特別限定(~12/2)

【オンラインor対面コンサル権】プレゼント!

『大人の受験』ご購入者様(先着20名)

※すでに購入いただいた方にもご利用いただけます。

 

メディカルドクターとは、製薬会社で働く医師のことです。

製薬会社に医師が必要なのはなぜ?

新薬は、治験の実施やデータ収集、解析データをまとめて、各々の国の規制当局の認可を得なければ販売できません。

そのため薬剤や臨床の専門家である医師の専門知識が必要とされます。

 

最近、日本の製薬会社で医師を雇用する動きが見られるようになってきました。

というのも、製薬会社は新しい局面の中にあるからです。

(自社での)新薬の開発と、(自社にないシーズを持つ他社への)M&Aが同時進行しています。

 

このような状況では、医薬品の開発、実験や治験の手順まとめ、裏付け作業、統計データ取得・解析など、

本来それぞれが高度な専門性を持つ分野を統合し、プロジェクトごとに進捗させていくことが大切になります。

 

上記について一定以上の知見があり、経験豊富で、マネジメント能力もある職種として、

医師に注目が集まっているのです。

上記のプロジェクトにマネジャーやスペシャリストとして抜擢され、医師免許を持ちながら製薬会社で働く医師を、

メディカルドクターと呼びます。

 

新薬開発の進捗速度が製薬会社の競争力に直結しますから、

メディカルドクターの製薬会社内での立場は強くなっているようです。

 

具体的な業務としては、

臨床開発の試験計画の立案、実施、評価、データ検証、

認可のために必要な書類の作成など、

臨床開発部門での仕事を行うことが多いようです。

また、新薬投入後の副作用・有害事象等のデータ分析により

新薬を改善する安全性評価部門の仕事もあります。

 

その過程で、新薬の学術論文やパンフレットの整合性を確認したり、

医師同士の情報交換、学会などでトレンドをキャッチ、新薬の利用促進(営業)、

などもしたりするそうです。

臨床開発

臨床開発に携わるメディカルドクターは、新薬開発部門の所属することになります。

新薬の開発では、厚生労働省などに様々な文書を提出しなければなりません。

メディカルドクターは治験で得たデータを解析した上で、行政に提出する文書の中の「医師としての見解」を執筆することになります。

また臨床試験の立案や実施にメディカルドクターが携わることもあります。

市販後安全性評価

市販後安全評価は、市中に出回った後の新薬がきちんと安全に使われているかを調べる仕事です。

さらに臨床試験で見つからなかった副作用が、販売後に見つかることもあります。

そこで製薬会社は市販が始まった薬に関する情報を、医薬情報担当者(MR)を通じて収集します。

メディカルドクターは、MRたちが集めた情報から安全性を評価し、

新薬の安定的な販売を支援します。

 

製薬会社にとって新薬が発売されることは大きなゴールでもありますが、

同時に利益を上げるためのスタートラインでもありますので、

アフターフォローが重要になってきます。

市販後調査

新薬が市販されると、多くの医師が新薬を使い始めます。

新薬を患者に使った医師が「使い勝手が良い」と判断するかどうかは、

その後の薬の販売に大きく影響します。

 

そこで製薬メーカーは、市販開始後の市場の動向学術論文を徹底的に調べていきます。

こうした業務のことを市販後調査(メディカル・アフェアーズ)といいます。

「新薬の使い勝手」や「学術論文の内容」を調べることは、医師が得意とするところなので、

製薬会社によっては市販後調査の仕事をメディカルドクターに任せることがあります。

求められる人材

メディカルドクターとして求められる人材は、

もともと研究機関での勤務治験や医学関係の統計学臨床などの経験が豊富な医師です。

若い医師(≒初期研修直後)の採用は少なく、既に臨床・研究機関で一定の成果をあげている医師が多いです。

なかには大学教授などを招くケースもあるようです。

 

メディカルドクターは、

資格よりも、臨床経験や専門的スキルを評価されて転職というケースが最も多く、

実務経験が何よりも重視されます。

また、ビジネスセンスやグループをまとめるリーダーシップを求められるなど、

臨床医の仕事とは違ったスキルを求められます。