電子書籍、おかげさまで大好評です^^

感想の一部は>>コチラ

「『本気で人生を変えたい』人にこそ、
【大人の受験】は開かれる。
さあ、あなたの正解を見に行こう」
―本文―

 

↓今すぐバナークリック↓

 

 

医師として生きるには、医師へのなり方を知らなければなりません。

また、「医師として生きること」とは、そもそもどういうことか。

さまざまな視点があると思います。

ここでは、

  • 医師へのなり方
  • 医師になるということは現実問題として何を意味するか

をなるべく広い視点から眺めてみることにします。

なり方

職種・業務

業務独占資格

  •  医業・医行為・医療類似行為
  •  医薬分業制
  •  医師と医学博士
  •  リスクヘッジ

責任

  •  人の「健康」と「命」に対する責任
  •  人の「体」と「心」に深く介入する責任

経済

  •  [支出面] 医師免許取得までの総出費(受験勉強開始から)
  •  [支出面] 医師になってからの支出
  •  [収入面] 医師の給与(職種ごと)

時間

  •  働きは最上の喜び(勤労歓喜)でないと医師は務まらない
  •  勤務医の平均労働時間(当直、オンコール含む)
  •  開業医の平均労働時間
  •  研究医の平均労働時間

影響の範囲

  •  世界
  •  国家
  •  組織
  •  個人

感情

医師の感情: 「平静の心」がゆれるときという本の書評をしながら、医師という職業を感情という側面から捉えていきます。

  •  医師の行動の裏にあるもの
  •  共感ができない原因は、医師にあるのか? 患者にあるのか?
  •  医師の品質改善は可能か? ——研修を通して損なわれていくもの
  •  我々を動けなくするほどの「怖れ」の意味
  •  医師にとって「悲しみ」とは悪なのだろうか?
  •  なぜそれほどまでに恥を怖れるのか?
  •  医療の現場に幻滅してしまったら
  •  訴訟をめぐる感情と、医療に対する影響

教育

  •  後進に対して
  •  自分の子供に対して