※※注目※※

3日間特別限定(~12/2)

【オンラインor対面コンサル権】プレゼント!

『大人の受験』ご購入者様(先着20名)

※すでに購入いただいた方にもご利用いただけます。

 

 

こんにちは!

ぶっでぃです^^

今日は、医学部編入学の追加合格について書いていきますね!

 

 

まず、結論から先に言いますが、

医学部編入学では、追加合格が、あります。

いや、めちゃめちゃあります。

 

FAQの記事でも述べましたが、医学部編入学試験は何校でも自由に併願できる試験です。

なので、1人が複数校に合格するというケースがいくらでもありえます。

 

ですが、あなたの体はひとつしかないので、

入学する大学を最終的に1校だけ選択しなければなりません。

 

たとえばあなたが5校に合格したとすれば、そのうち1校だけに対して入学手続きを行い、

残りの4校には辞退届けを提出しなければなりません。

 

医学部編入学では、定員に欠員が生じると、

追加合格が行われます。 ※大阪大学を除く

 

たとえば、X大学の医学部編入試験では定員が5名で、

最終選考の順位が以下の通りだったとします。

1位 Aさん
2位 Bさん
3位 あなた
4位 Cさん
5位 Dさん
——-(入学定員)———
6位 Eさん
7位 Fさん
8位 Gさん

 

ここで、もしあなたがX大学ではなくY大学にいくと決め、

X大学に辞退届けを出すと欠員が生じます。

すると6位のEさんが追加合格の対象となり、ある日手元に合格通知が届くことになります。

1位 Aさん
2位 Bさん
4位 Cさん  →あなた(Y大学へ)
5位 Dさん
6位 Eさん(追加合格)
——-(入学定員)———
7位 Fさん
8位 Gさん

 

一方で、追加合格の追加合格、という事態も発生します。

たとえば、追加合格した当初6位のEさんは、

Z大学からも合格通知をもらっており、追加合格をもらったX大学は辞退したとします。

その際は、さらに7位のFさんに追加合格の通知が来ることになります。

1位 Aさん
2位 Bさん
4位 Cさん
5位 Dさん
7位 Fさん(追加合格)  →Eさん(Z大学へ)
——-(入学定員)———
8位 Gさん

 

この場合、大学側が発表する「試験実施状況」(例:香川大北大)などには、

合格者数7名(もしくは当初合格者数5名)、うち追加合格2名、入学者数5名、

と表記されることになります。

 

このように、医学部編入試験では、辞退と追加合格の嵐が吹き荒れます。

中には、受験した年の翌年2月に追加合格の連絡が来たという例もありました。

 

もしかしたら、たくさん併願してたくさん合格したら、

ほかの受験生に迷惑がかかるかも!?と思われるかもしれません。

 

そのお気持ちはもっともです。

しかしながら、実際は定員に欠員が生じたら、

それに応じてどの大学も追加合格を出すのです。

成績が上位の人から、整合的に入学していくというのが医学部編入制度です。

各大学が公表している定員以上も以下も入学はしないのです

 

あなたは、何校併願して何校合格しても、

ほかの受験生に迷惑がかかるということは理論上ありません

※合格通知の時間遅れによる計画狂いという影響は考えられます

 

むしろ、あなたが受験生であれば、出願時点では1校に合格できないかも!?

と不安になるのではないでしょうか??

 

少しきつい言い方になりますが、

今からほかの受験生に対する迷惑を考えるより、

まずは、複数校を受験し、複数校から合格をもらえるような学力レベルに高めて

試験に臨まれることをおススメします。